ケアプロストで眉毛も生える!?

ケアプロストで眉毛も生える!?

 

ケアプロストで眉毛も生える

 

世代にもよりますが、細眉が流行っていた頃に眉を抜きすぎてしまって、今でもまばらにしか生えてこないこと、ありますよね。

 

眉毛の形を整えたり、毛量を調節するのは身だしなみのひとつですが、眉の形は流行りによってかなり左右されます。

 

ここしばらくはあまり手を加えすぎない、ふんわりナチュラル眉毛が主流。

 

ところが!眉毛を生やしたくても抜きすぎが原因で生えてこないこともあります。

 

まつ毛育毛剤として絶大な効果を発揮してくれるケアプロストは、実は眉毛にも効果的。

 

自眉があればメイクの時短にもなりますし、自然な形に整えることもできます。

 

まつ毛限定で働くものではないので、ケアプロストは眉毛の育毛にもピッタリ。

 

抜きすぎて眉毛が生えてこなかったり、元々眉が薄い悩みがあっても、まつ毛と同じように毛量を増やししっかりした自眉毛を育てることができますよ。

 

 

ケアプロストで眉毛を育てる注意点

 

ケアプロストで眉毛を育てる注意点

 

ケアプロストを使うときの注意ですが、副作用として色素沈着が起こりやすいことです。

 

まつ毛に使用しても上下のまぶたにクマのような色素沈着が起きやすいですし、それを防ぐためにワセリンなどでのガードを推奨しています。

 

まつ毛に使うのならば、多少クマになってもメイクで隠すことができますが、眉毛はこの点が少々厄介。

 

ケアプロストが付着したところを放置しておくと、色素沈着はしますから眉毛育毛に使う場合でも変わりませんね。

 

眉メイクをすることを前提にしますが、ケアプロストを眉育に使う場合は、眉を生やしたい位置からはみ出さないようにすることが鉄則です。

 

ケアプロストで眉毛を育てる際の注意を箇条書きにしてみます。

 

  • 夜寝る前、清潔にした肌に使用すること。
  • 眉を生やしたい部分以外をワセリンなどでガード。
  • ケアプロストの量は少なすぎるくらいがベスト。
  • 眉を生やしたい部分以外にははみ出さないように丁寧に塗る。

 

すでにある程度眉がある人も、全くない人もいると思いますが、眉があるところに塗る場合、毛先につくと余分な液が生えて欲しくないところに付いてしまう可能性があります。

 

ケアプロストは眉毛に塗っても効果はないので、眉の根本(地肌部分)に薄く塗るようにしてください。

 

まつ育ではアイライン用のブラシやアプリケーターなど毛先の長いものが便利でしたが、眉毛に使うのであれば歯間ブラシなど毛先の短いものが適しています。

 

  • 生やしたいところ以外にはケアプロストをつけない。
  • もしついたらすぐに拭き取る。
  • 生えている眉毛についた液にも注意。

 

こちらの3点は眉毛回りに色素沈着を起こさないコツなので、覚えておいてくださいね。

 

 

ケアプロストは眉毛の薄い男性にもおススメ

 

ケアプロストは眉毛の薄い男性にもおススメ

 

ケアプロストで眉毛も生える!?抜きすぎた眉毛に朗報!

 

眉毛が生えない・薄い悩みは女性だけのものではありません。

 

むしろ女性はメイクでどうにでもなりますが、男性はごまかしがきかないことも多いでしょう。

 

特に営業職の男性はコンプレックスに感じることも多いのか、眉の増毛を考えるケースもあるようですね。

 

眉毛は顔の印象を左右するパーツでもあるので、眉の薄さや形が仕事に影響してしまうのでは?といった懸念もあるのかもしれません。

 

ケアプロストは男性の眉毛育毛にももちろん使用できます。

 

眉毛専用の美容液や育毛剤も販売はされていますが、価格を見るとなかなかいいお値段ですね。

 

ケアプロストは安価でコスパもいいですし、何より発毛力はまつ毛育毛剤としてお墨付き。

 

男性の薄い眉のお悩みも解決してくれます。

 

ただ、使い方の欄でも記載していますが、色素沈着を起こしやすいものですので面倒くさがらずに必ず眉周りはガードする事。

 

余分なケアプロストがつかないように気をつけてください。

 

アイブロウ

 

そして、男性の場合メイクで色素沈着をごまかすことが難しいと思いますが、赤黒く皮膚が変色することが多いため、眉育中は色素沈着を隠す意味でもパウダータイプのアイブロウがあると便利です。

 

男性向け化粧品でも発売はされていますが、100均のメイクコーナーでも濃いブラウンのアイシャドウと毛先の短いアイブロウブラシがあればOKです。

 

色素沈着や眉の薄い部分を自然にカバーできるので、持っておいて損はないと思います。

 

 

ケアプロスト眉毛まとめ

 

ケアプロスト眉毛まとめ

 

眉毛の形は短いサイクルで流行りが変わる傾向があります。

 

細眉しかりですが、キリっとした強めの眉・ふんわりぼさっとした眉・下がり眉。

 

その都度眉の形を変えていたのではキリがないですが、自眉があればちょっと形をカスタマイズしてあげるだけで対応できることは確かです。

 

何より、メイクを落とした時にマロになったり、眉ナシで怖いなんて心配もありません。

 

普段はまつ毛に使っているケアプロストも、まつ毛に塗るついでにちょっと眉毛をなぞってあげるだけで、眉育も同時にできてしまいますよ。

 

人気のまつげ育毛剤でフッサフサの自まつげに!

ケアプロスト通販

ケアプロスト通販 購入はこちら!

ページの先頭へ戻る